外壁塗装・屋根塗装は横浜市栄区・港南区のアーニストにお任せください

【横浜市】外壁塗装は技術に長けた業者を選ぶことが大切です

投稿日:2019.12.10

こんにちは!横浜市栄区・港南区の外壁塗装・屋根塗装専門店のアーニストです。
今回は安心して外壁塗装を依頼できる業者選びについて解説していきます。

■外壁塗装は信頼できる業者を選びましょう

横浜市港南区にお住まいで、外壁塗装をしたいとお考えの方は、確かな技術力を持っている業者を選ぶことをおすすめします。
外壁塗装は施主様から見えないところで行う作業が多いため、しっかりとした外壁塗装が行われているかどうかを確かめる方法がありません。
高い金額を払ったにもかかわらず、塗装後すぐにトラブルが発生するようなことがあれば非常に困ります。
外壁塗装では的確な下地処理を行い、適正な塗料を選び、必要とされる量をきちんと塗ることが大切です。
これらのうちのどれか一つでも欠けてしまえば、外壁塗装後に本来なら数年から十年以上持つはずが、短期間のうちにひび割れや浸水を起こしてくる事態につながりかねません。
そのようなことにならないよう外壁塗装を依頼する場合は、国家資格の塗装技能士資格保有者がいる業者が安心です。
確かな目で状況を見極め、適切な判断でお客様に見積もりを出すことができます。

■外壁塗装に下地処理は必須です

一般的に外壁塗装の寿命は10年ほどと考えられていますが、下地処理が十分でないともっと短い期間で寿命を迎えてしまいます。
下地処理がきちんとされている外壁とされていない外壁では見た目の美しさはもちろん、耐久性においてもかなり劣った出来になってしまうのです。
下地処理の後に塗る塗料は、ランクによって耐久年度が違うという特徴を持っています。
各メーカーではランクごとに耐久年数を表示していますが、これはあくまでもきちんとした下地処理が行われたことを想定した年数です。
実際にせっかく高ランクの塗料を選んだのに、下地処理が十分でなかったが故にトラブルが発生するということも起きています。
また10年以上持つはずの塗料が、1年も経たずに色褪せたり剥げたりしてくることも珍しくありません。
それほど外壁塗装には下地処理が大切なのです。

■下地処理の種類

外壁塗装を行う前に必要な下地処理としては、強い水圧で外壁の汚れを落とす高圧洗浄、サビやカビ、古い塗料を手作業で落とすケレン作業と呼ばれるものがあります。
またサイディングの目地に使うコーキングの補修やセメントやモルタル素材の壁にできた亀裂や穴を補修するセメント補修も必要です。
ただしすべてを行わないといけないわけではありませんので、傷み具合をチェックし、かかる費用などを明確にしてくれる業者をおすめします。
きちんとした業者なら傷んでいる箇所を写真に撮って説明し、手の届く範囲の傷みを実際に確認してもらうなどしてから施工に取り掛かるのが通常の流れとなります。
弊社はきちんと下地処理を行い、お見積もりや作業工程などをしっかりとお客様に提示いたしますので、ぜひご依頼ください。


株式会社アーニスト
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷4-29
TEL:045-846-2365
FAX:045-897-6239
E-mail:info@earnest-style.com

施工エリア

主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市

ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない…。そんな時は是非アーニストにご連絡ください。ご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

TOTO ハイドロテクト光触媒