外壁塗装・屋根塗装は横浜市栄区・港南区のアーニストにお任せください

【横浜市】外壁塗装の種類は大きく分けると2種類

投稿日:2019.12.10

こんにちは!横浜市栄区・港南区の外壁塗装・屋根塗装専門店のアーニストです。
今回は2種類の外壁塗装について説明していきます。

■外壁塗装にも流行がある

新しく建てられた家の外壁をよく見ると、非常にスマートな板のようなものが貼られているのに気づいたことはないでしょうか。
この建物の外壁を作っているのは外壁サイディングと呼ばれる方法で、外壁に使用する外装材のことをサイディングといいます。
サイディングの特徴は、従来一般的だった外壁に塗料を塗るというのではなく、サイディングというあらかじめ塗装を施して作られた壁を外壁として貼って仕上げるところにあります。
水の浸入を阻止する塗装剤を塗った外壁材を貼ることによって、建物の外側を雨水や湿気から守るという方法です。
この外壁材はあらかじめ工場で大量生産されますので、家を建てるにあたっては外壁材をそのまま貼っていくことで家が完成することから、短期間で仕上がるのも特徴です。

■一般的なイメージの外壁塗装はモルタル

見た目がおしゃれで工事にも手間がかからず、撥水や防水加工も従来のものよりも優れているという点から多く用いられるようになった外壁サイディングに対して、ある程度のスパンで塗り直しを行う必要があるという認識が多いのがモルタル外壁と呼ばれる壁です。
モルタル外壁によって起こる劣化は主に、塗装に入るヒビや汚れ、カビ、場合によってはコケなども生えてきます。
ヒビが入ることで水が浸食しやすくなりますし、カビにしろコケにしろ、外壁に付いているのを見ると気分のよいものではありません。
いったん汚れてしまうと落とすのは容易でないことから、専門の職人による洗浄と新たな塗り直しが必要です。

■どちらにも寿命がある

撥水性や耐水性に優れている点から、モルタル外壁よりも人気の外壁サイディングですが、外壁サイディングにしたら、モルタル外壁のように塗り直しが必要ないというわけではありません。
サイディングも板として貼っているだけで、その板に塗られた水をはじく塗膜は年々劣化していきます。
モルタル外壁ではなくサイディングの外壁の家を選んだとしても、同じように塗装のし直しは必要なのです。
横浜市港南区の住宅にも、サイディングとモルタルを両方使った外壁の家が見つかりますが、どちらもやり直す際には足場を組み、汚れを落とす作業が不可欠です。
サイディングにはコーキングを塗り、モルタルには新しい塗料を塗ります。
次の外壁塗装までの寿命をどのくらいにするかは、いずれも選ぶ塗膜と塗料の耐久性にあるのは明らかです。


株式会社アーニスト
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷4-29
TEL:045-846-2365
FAX:045-897-6239
E-mail:info@earnest-style.com

施工エリア

主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市

ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない…。そんな時は是非アーニストにご連絡ください。ご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

TOTO ハイドロテクト光触媒