外壁塗装・屋根塗装は横浜市栄区・港南区のアーニストにお任せください

【横浜市】外壁塗装はどのくらいのスパンですべきか?

投稿日:2019.12.10

こんにちは!横浜市栄区・港南区の外壁塗装・屋根塗装専門店のアーニストです。
今回は外壁塗装を行う目安についてご説明していきます。

■外壁塗装で多い疑問

家の外壁の塗装部分が剥がれていたときや亀裂が入っているのを見つけたときには、そろそろ外壁塗装をやり替えた方がよいのだろうかと考えるでしょう。
とはいうものの、昨今は3階建ての家が多くなってきたこともあり、外壁全部をやり直すとなると足場を組み立てるのも大変です。
見たところ、一部分だけの剥がれや亀裂だとしたら、まだしばらくこのままでよいのではないかという気になるのも、誰もが共通して思うのではないでしょうか。
外壁塗装をするにあたって一番多い疑問であり、悩みになるといってもよいのが、どの程度のスパンで外壁塗装をやり直したらよいのかということです。
ただ、この疑問に対する答えは、必ずしも一つではないのが、疑問をさらに深める理由となっています。

■状況次第で変わるのが実情

新築で買ったときや前回外壁を塗り直したときから年月が経過し、外壁に亀裂や剥がれといった状況が生じる壁のことを、モルタル外壁といいます。
モルタル外壁の場合、亀裂や剥がれから水が浸食してくることが多いので、見つけたら早急に対策を採った方がよいでしょう。
少しの剥がれや亀裂なら、その部分だけを修繕する応急処置的な方法も効果的ではありますが、見えないところにも生じている可能性が否定しきれません。
横浜市港南区の住宅街を歩いてみると、よく見えるところの亀裂は気づきやすいのですが、狭い部分にも亀裂があったり、剥がれていたりということがしばしば見つかるのです。
隣の家と住宅の隙間がほんの少ししかないということになると、場合によってはコケが生えているということも少なくなく、常に湿気で覆われることになります。
そうでない家に比べて外壁塗装の劣化が速まるのは致し方なく、家によっては5年で塗り替えが必要になることもあれば、20年は大丈夫というところもあるのです。

■一般的には10年を目安に

モルタル外壁のための塗料も進化を遂げていて、中には非常に耐久性に優れたものもあります。
ただ、今から10年前に外壁塗装を塗り直したときに、とりわけ耐久性に優れたものを選んでいなかった場合と、とりあえず一番安い塗料を選んだというのでなければ、おそらく10年程度の耐久性の塗料であると考えられるでしょう。
一般的に外壁塗装の塗り替えスパンは10年といわれるのは、10年はもつという塗料が値段的にも手が出やすいことによるもので、10年を目途に塗り直すのが安心です。


株式会社アーニスト
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷4-29
TEL:045-846-2365
FAX:045-897-6239
E-mail:info@earnest-style.com

施工エリア

主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市

ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない…。そんな時は是非アーニストにご連絡ください。ご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

TOTO ハイドロテクト光触媒