外壁塗装・屋根塗装は横浜市栄区・港南区のアーニストにお任せください

【横浜市】モルタル外壁の塗装工事の方法と塗料の知識

投稿日:2019.12.10

こんにちは!横浜市栄区・港南区の外壁塗装・屋根塗装専門店のアーニストです。
今回はモルタル外壁について詳しく解説していきます。

■モルタル外壁での外壁塗装工事

新しく建てられた建売住宅やこれから建てる注文住宅で多く見られるようになったのが、外壁サイディングという外壁材に雨水の浸入を防ぐ、コーキング処理を施した板を壁に貼って建てられる家です。
横浜市港南区でも増えてきていますので、外壁を見ながら、これはサイディング、こちらはモルタルといった具合に見ていくと、自然と見分けがつくようになります。
古くから馴染みがあるのはモルタル外壁で、どちらのタイプの外壁にしたとしても、ともに経年劣化が進むために外壁塗装工事が不可欠です。
サイディングが増えてきているとはいえ、一般的にはまだまだモルタル外壁が多いこともあって、その塗装工事の方法や塗り替えにあたって知っておきたい塗料の知識などがあります。
依頼した方がしっかりと知っていれば、業者としてはよりしっかりと仕上げなければという気になるでしょう。

■モルタル外壁の塗装工事とは

そもそもモルタル外壁の塗装工事の中であまり知られていないのが、モルタル外壁は、それ自体が防水機能を持っているわけではなく、モルタル外壁に塗料を塗って外壁に防水性をもたらせているという点です。
この防水機能が徐々に低下すると、モルタル外壁が水分を吸い込んでしまい、剥がれたりヒビが生じたりといったことが起こってきます。
そうなる前に、一定期間が経過したら再び塗料の塗り直しによってモルタル外壁を守ることが、一般的に外壁塗装工事と呼ばれているものです。

■塗料選びの難しさ

良心的な職人であれば、外壁塗装工事をする前にどのような塗料を望むかを聞いてくれるはずです。
モルタルは下地外壁にヒビが起こりやすいのが特徴で、やり直す際にはまずヒビ割れを防ぐ弾性塗料を塗ります。
単層弾性と複層弾性の2つのうち、複層弾性のほうが耐久性が高いとされていますが、最新の塗料で単層弾性でも複層に負けない強さにすることが可能です。
まずは下地から始めますが、リシンにスタッコ、吹き付けタイルなどいろいろ種類があり、それぞれで微妙に工程が異なります。
さらにモルタルは塗料の吸い込み量が多いのが特徴とあって、多めの塗料が必要になることも覚えておくとよいでしょう。
汚れを落としてしっかり下地を作るとともに、湿気で塗膜の膨れが起きやすいという特徴もあるため、透湿性に優れた塗料を選定するといった知識も必要です。


株式会社アーニスト
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷4-29
TEL:045-846-2365
FAX:045-897-6239
E-mail:info@earnest-style.com

施工エリア

主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市

ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない…。そんな時は是非アーニストにご連絡ください。ご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

TOTO ハイドロテクト光触媒