外壁塗装・屋根塗装は横浜市栄区・港南区のアーニストにお任せください

【横浜市】外壁塗装の役割や安心の外壁塗装について

投稿日:2019.12.10

こんにちは!横浜市栄区・港南区の外壁塗装・屋根塗装専門店のアーニストです。
今回は外壁塗装の役割について説明していきます。

■外壁が汚れる主な原因と仕組み

外壁や屋根が汚れるのは外で風に吹かれ、ホコリやチリが吹き付けるのだから当然と思われるかもしれません。
一方で雨が降れば、汚れも流されてリセットされると考える方もいるでしょう。
この点、雨漏りや汚れるのを防ぐ目的で、防水作用や防汚作用のある塗料で塗装を行っています。
もっとも、万全ではなく、塗料の性質によって一度付いた汚れはなかなか落ちなくなります。
風に吹き付けられて塗膜に静電気が発生し、ホコリを寄せ集めて吸着させてしまう場合が多いのです。
また、塗料は油性であり、汚れの多くが排気ガスや家庭の換気扇から出る油汚れであるため、油同士が融合して付着します。
水と油の関係なので、雨が降っても塗膜が雨水を弾いてしまい、汚れを洗い流すことにもつながりません。
そこで、近年では静電気が起きにくい低帯電性塗料や水との親水性を高めた塗料の働きで塗膜が雨水と馴染み、汚れを洗い流せる塗料も登場してきました。

■外壁塗装の目的や必要性

外壁塗装は見た目を美しくするためや好みのイメージのお住まいにするために行うだけではありません。
外壁を守り、建物の耐久性を維持する役割も果たしています。
塗料には防水性や防汚性、防カビ性や防サビ性などさまざまな機能があります。
塗装して塗膜のベールで外壁をカバーすることで、紫外線や風雨などの刺激が外壁材に直接当たるのを防ぎ、ダメージや劣化を防いでいるのです。
もっとも、塗料自体も経年劣化が進み、塗料が剥げる、ヒビ割れなどが発生すると外壁を守る機能が薄れてきます。
そのため、劣化が激しくなる前のタイミングで定期的に外壁塗装を行い、外壁を守る機能を維持、向上させることが大切です。

■外壁塗装は三度塗りがベスト

外壁塗装では三度塗りを基本に作業を行います。
1度目はシーラーと呼ばれる材料で下塗りし、カラー塗料が外壁と密着する土台を築くための塗装です。
2度目に中塗りとして色を付けていき、乾いたら3度目として上塗りを行う流れです。
2度目と3度目は同じ塗料を使うと、上塗りの塗り残しの懸念があります。
そのため、塗り残し防止のためには、ごくわずかに違うカラーを用い、3度目の塗りで希望のカラーへと仕上がるように微調整するのがよいといわれています。
確実な三度塗りを求めるなら、色を変えてもらったうえで写真を撮影してもらうとよいでしょう。


株式会社アーニスト
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷4-29
TEL:045-846-2365
FAX:045-897-6239
E-mail:info@earnest-style.com

施工エリア

主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市

ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない…。そんな時は是非アーニストにご連絡ください。ご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

TOTO ハイドロテクト光触媒