外壁塗装・屋根塗装は横浜市栄区・港南区のアーニストにお任せください

【横浜市】外壁塗装の役割や塗料の性質と性能についてご紹介

投稿日:2019.12.10

皆様、こんにちは!横浜市栄区・港南区の外壁塗装・屋根塗装専門店のアーニストです。今回は外壁塗装の役割や塗料の性質などについてご紹介していきます。

■外壁を守って家を守ってくれる塗装の役割

マイホームの外壁を見たとき、どのような印象を受けますか。
頑丈で壊れなさそう、堅固と感じる方もいるかもしれません。
地震や火災から家を守り、暮らしを守る役割を果たす重要な部分ではありますが、常に風雨や紫外線、ホコリやチリなど外部の刺激を受けています。
月日の経過とともに劣化が進んでいくため、外壁を丈夫に維持していくためには適切なメンテナンスが欠かせません。
外壁は塗装を施すので外部の刺激から保護されています。
外壁塗装というと見た目を美しくするためや好みのカラーで染めて自分のイメージに合ったマイホームに仕上げるために施すものを考えている方も少なくありません。
ですが、外壁塗装をするのはもっと重要な意味があります。
塗料の塗膜を外壁の上に貼ることで防水や防汚、紫外線によるダメージから防ぐ作用や防カビ、防サビといった効果を持っています。
もっとも、塗料自体も経年劣化が進むので、定期的な外壁塗装を行うことが大切です。
塗膜で建物を守り、長く暮らせるマイホームを目指しましょう。

■塗料の種類とグレードの高さを事前にチェックしたい

外壁塗装に使われる塗料には大きく分けてアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4種類が現在の主流で、この順に耐久性が高くなり、性能や価格も高まっていきます。
JIS規定の促進耐候性試験における基準には1種、2種、3種が設けられています。
1種は最も耐候性が高く、2,500時間耐えられる塗料です。
2種は1,200時間、1種では600時間しか耐えられません。
耐久性や機能性を高めたい方は、塗料のグレードまで確認をし、必要に応じて希望を出しましょう。

■遮熱塗料の効果とは?

近年話題の遮熱塗料は室内の温度上昇を抑え、環境によっては10℃あまりの差が生じるケースもあるほどです。
もっとも、同じ塗料を使っても、どの家でもこの効果が出るとは限りません。
それは屋根の材質や外壁の材質や構造、窓の大きさや断熱材の種類の違いをはじめ、屋根の向きや地域による気候や日照状態なども異なるためです。
近年は全国各地で猛暑が続き、冷房が効かない、光熱費がかさむとお困りの方も少なくありません。
ちょうど塗り替えを検討しているタイミングであれば、遮熱塗料を選んでみるのも一つの選択です。
個々の家の環境や構造は異なるので、一概にはいえませんが、実際に採用したご家庭で遮熱性が発揮されたと評価が高い実績のある塗料を選ぶことで、相応の効果が期待できるかもしれません。


株式会社アーニスト
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷4-29
TEL:045-846-2365
FAX:045-897-6239
E-mail:info@earnest-style.com

施工エリア

主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市

ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない…。そんな時は是非アーニストにご連絡ください。ご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

TOTO ハイドロテクト光触媒