横浜 港南区で外壁塗装・屋根・ベランダのペンキの塗り替えをお考えならアーニストにお任せください

ホーム > お家部位用語集
戸建お家部位名称図 庇 ぬれ縁 胴差し ガラリ 雨戸・戸袋 笠木 縦樋 下屋 軒樋 軒天井 水切り 破風板 鼻かくし 棟木 屋根 基礎

  >> 部位名称 >> 部位説明 ~写真例~
  ①屋根(やね) 建物を日射や雨風を防ぐために設けられた最上部の覆い。防火性能が要求されます。
  ②外壁(がいへき) 建物の屋外に面する壁で、防火地域などさまざまな規制の対象になります。
最近では、ほとんどが大壁であり、外壁に柱が見えることはありません。
開口部をのぞくと、一様の仕上げになることが多く、建物の印象を決める大きな要素です。
  ③基礎(きそ) 土に接して建物支える部分で、 大きく分けて独立基礎、布基礎、ベタ基礎があます。
現在の木造住宅では、鉄筋コンクリート製のベタ基礎が多く使われています。
  ④胴差し(どうさし) 木造住宅の構造材で、1階管柱と2階管柱の間にある水平部材。
柱をつなぎ2階の荷重を1階に伝える役目を果たします。
  ⑤棟木(むねぎ) 屋根の頂部のことを棟といい、頂部に水平におかれる部材を、棟木と呼びます。
  ⑥破風板(はふいた) 屋根の妻側に取り付けられた、桁や母屋の鼻を隠すための飾り板。
  ⑦鼻かくし(はなかくし) 屋根の軒の先につけられる隠し板。
  ⑧水切り(みずきり) 雨仕舞いのために、施工すること。
屋根の流れ尻や螻羽、それに外壁の最下部、サイディングの張り始めなどに使います。
  ⑨軒天井(のきてんじょう) 軒を下から見上げた部分。屋根の裏側に位置します。
  ⑩軒樋(のきどい) 軒先につける樋のこと。
丸樋と角樋があり、最近では角樋が普及し始めています。
  ⑪縦樋(たてとい) 軒樋で集めた雨水を地面まで導くための管。
  ⑫下屋(げや) 全体の屋根より一段下がってつくられ、壁から始まる片流れの屋根。
入側(いりかわ)の上や、小規模な部屋の上にかけることが多い。
  ⑬霧除け(きりよけ)
庇(ひさし)
外壁に取り付けられた、片流れの屋根状の突出部。窓などの上にとびだした小さな屋根。
霧除け庇は開口部の上部に付ける小さな屋根状の雨除け。
  ⑭ガラリ戸 外部に対して視線を遮りながら換気ができるように、細長い板を平行に取り付けたもの。
  ⑮雨戸(あまど)
戸袋(とぶくろ)
外部に面した開口部に建て込む建具。通風や採光をかんがえた雨戸も市販されています。
戸袋(とぶくろ) は雨戸の収納される造作部分。
  ⑯笠木(かさぎ) 水平になった部分に、上部からかぶせるようにした部材。
パラペットや手摺りの上部に使います。
 
  ⑰濡れ縁(ぬれえん) 和室の先につづくベランダのこと。
上部に庇があるだけで、大雨のときには濡れてしまうので、この名前があります。

Copyright (C) earnest All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】