ホーム > 外壁塗装の基礎知識 > 塗装の種類
外壁塗装の基礎知識 見積りから工事の流れ
作業工程の流れ
外壁の種類とメンテナンス
屋根の種類とメンテナンス
塗料の種類
家の部位説明



■主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市
■ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない・・・。そんな時は是非アーニストにご連絡くださいご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

 

塗料の種類

外壁塗料には多くの種類がありますが、それぞれ特色・性能あり、耐久性や性態が異なっています。
何を選ぶかにより次の塗替えをする時期や「汚れにくい」などの性能を決められます。
お客様の要望と外壁の様々な状況により最適と思われるものを予算に応じて選ぶことが重要です。一般的には特性が上がれば、価格も上がります。

1.アクリル

光沢に優れ、耐久性もあることから合成樹脂よりも良い材料ということで、注目されました。
しかし、時は流れ、「ウレタン」・「シリコン」等の次世代の塗料が開発され、今は、一般的に「安く済ませるなら…」という位置付けになっています。

  外壁 屋根
耐久年数 8〜10年 5〜7年
価格目安(30坪) 40〜70万

2.ウレタン

強靭な塗膜、防水性、光沢があり、弾力性に富む優れた材料です。現在、防水・外壁・屋根等、幅広く使われていて、「標準的な耐久性」・「標準的な仕上がり」・「コストパフォーマンスに優れる」という標準的な塗料です。また、セラミックを配合したセラミック変成ウレタン等、「汚れにくさ」を備えたものも出ています。

  外壁 屋根
耐久年数 10〜12年 7〜10年
価格目安(30坪) 60〜90万円

3.シリコン

近年流行の塗料です。イメージとしては、ウレタンの性能をそのまま一回り強化したような感じです。
ガラス繊維技術を応用して作られています。耐応年数がウレタン系より2年程度伸びるので予算にゆとりがあれば、お勧めです。

  外壁 屋根
耐久年数 12〜15年 8〜10年
価格目安(30坪) 70〜100万円

4.フッ素

耐久性、質感、値段、どれをとっても群を抜いている最高級の塗料です。半永久とうたってしまう業者もいる程、性能が高く、ガソリンスタンドや海が近い施設等、耐久性を強く必要とする場所でよく使われます。

  外壁 屋根
耐久年数 15〜20年 10〜12年
価格目安(30坪) 80〜150万円

5.光触媒

酸化チタン技術を応用して作られた塗料です。光にあたる事で色々なものを分解する性質があります。これにより耐久性はもちろん、汚れを分解するのでずっとキレイな上に、空気までキレイにしてくれます。清潔さで選ぶなら最高の塗料です。

  外壁
耐久年数 15〜20年
価格目安(30坪) 80〜150万円

6.断熱・遮熱

近年、注目されている技術で、熱を反射する塗料を塗ることで、家の中を快適にしようという材料です。キレイで快適な家、節電やエコにもつながります。メーカーごとに樹脂等は変わりますが、原理は熱の反射です。耐久性も高いものが多いです。

  外壁 屋根
耐久年数 15〜20年 7〜12年
価格目安(30坪) 130〜150万円

▲TOPへ