ホーム > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁の種類とメンテナンス
外壁塗装の基礎知識 見積りから工事の流れ
作業工程の流れ
外壁の種類とメンテナンス
屋根の種類とメンテナンス
塗料の種類
家の部位説明



■主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市
■ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない・・・。そんな時は是非アーニストにご連絡くださいご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

 

外壁の種類とメンテナンス方法

1.サイディング

ボード状の建材の為、施工性が高く、表面のデザインも多様でタイル風、石積み風などあり、本物のような風合いを持つ商品もあります。 価格の面でも、比較的低価格な商品から高性能を有する高価な商品まで種類が豊富です。サイディングは、さらに窯業系・金属系・木質系・樹脂系に分けることができます。

<メンテナンス方法>

窯業系・金属系

サイディング継ぎ目のコーキングひびや割れ、色あせ、チョーキング、汚れ、藻の発生が症状にでます。コーキングの補修(5年〜10年ごと)と塗替えが必要です。塗膜材の種類により塗替え時期は違いますが、フッ素(15〜20年)、シリコン(12〜13年)、ポリウレタン(8〜15年)、アクリル(6〜10年)です。

木質系・樹脂系

チョーキングや透明感が薄れたら塗替えの時期です。ひび割れ反りもあるので早めの塗り替えが必要です。退色がなく、コーキング材も使用しないので、メンテナンスは、汚れを中性洗剤で水洗いすることです。破損の場合は一枚から交換できます。

2.吹き付け仕上げ・モルタル下地

セメントと砂を混ぜ、水で練ったモルタルを下地に、仕上げ材で塗装をする方法。仕上げには吹き付けて仕上げたり(吹き付け仕上げ)、ローラーやコテで模様を施したものがあります。

<メンテナンス方法>

ひびや割れ、色あせ、チョーキング、汚れ、藻の発生が症状にでます。 クラックと呼ばれる細いヒビが生じるので補修します。雨水が入ると内部の木材を腐らす可能性もありますので、早めの補修が必要です。 コーキングの補修(5年〜10年ごと)と塗替えが必要です。塗膜材の種類により塗替え時期は違いますが、フッ素(15〜20年)、シリコン(12〜13年)、ポリウレタン(8〜15年)、アクリル(6〜10年)です。

3.塗り壁

土壁や漆喰がこちらにあたり、日本の伝統的な壁です。

<メンテナンス方法>

表面のヒビ、はがれがないか点検が必要です。汚れは洗い流せないので塗替えが必要です。

4.タイル

土や鉱物を混ぜ、焼き固めた素材です。焼き方や吸水率により磁器質、石器質、陶器質ににわけられ、吸水率の低い、磁器質やせっ器質は、耐久・耐火性に優れ、主に外壁に使われます。一方で、重量の重さ、施工の手間、コストが他の素材に比べて高めということが欠点。

<メンテナンス方法>

塗りなおしの必要はありませんが、タイルの浮きや目地の破損、コーキング材は定期的に点検が必要です。

5.石材

天然石を用いたものと天然石をセメントや樹脂を練り混ぜ加工した人造石を用いたものがあります。人造石は、色合いやデザインが豊富で、工場で生産するため品質や価格が安定しています。

<メンテナンス方法>

塗りなおしの必要はありませんが、石の浮きや目地の破損、コーキング材は定期的に点検が必要です。

6.ALC

ALC はAutoclaved Lightweight Concrete(高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の略で、主原料は珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末です。質、精度ともにきわめて信頼性が高く、しかも多孔質、軽量、無機質であり、耐火性能が高く加工が簡単という特徴もあります。

<メンテナンス方法>

サイディング継ぎ目のコーキングひびや割れがないか、藻の発生がないか定期的に点検してください。
コーキングの補修(5年〜10年ごと)と塗替えが必要です。塗膜材の種類により塗替え時期は違いますが、フッ素(15〜20年)、シリコン(12〜13年)、ポリウレタン(8〜15年)、アクリル(6〜10年)です。

▲TOPへ