ホーム > 外壁塗装の必要性 > 塗替え時期のサイン
塗替えは必要?
塗替え目安時期
塗替え目安時期
塗替え時期のサイン
自己チェックシート



■主な地域
神奈川県横浜市全域/藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市
■ご対応可能地域
東京都世田谷区・目黒区・品川区・大田区/川崎市多摩区・高津区・麻生区・宮前区・中原区・幸区・川崎区/町田市/相模原市/愛川町/座間市/大和市/綾瀬市/海老名市/寒川町/茅ヶ崎市/平塚市/大磯町

アーニストについて
横浜の港南区で外壁塗装をはじめ、屋根・ベランダ等の塗装業務を行っております。個人の一戸建てから、収益物件等、幅広く承っております。横浜で外壁塗装を依頼したいが、どこに頼んで良いかわからない・・・。そんな時は是非アーニストにご連絡くださいご相談・お見積もりは当然無料です。当社には営業マンはおりません。外壁塗装の専門知識のあるスタッフが対応させていただきます。

 

塗替え時期のサイン

塗膜の劣化の仕方は通常下記のような順序で起こってきます。

1.艶が落ちてくる
2.色の彩度が落ち変色してくる
3.表面が粉っぽくなってくる(チョーキング現象)
4.ひび割れ、こけが生えてくる。
5.塗膜が剥がれてくる。

塗り替えは早いに越したことがないので、4段階以前が最適な時期といえますが、家の構造体に影響が出ないうちという視点からも遅くても5段階より前がよいでしょう。

▲TOPへ

代表的な塗替えサイン

<外壁>

壁のヒビ 白い粉がつく 塗膜のはがれ
壁のヒビ 白い粉がつく 塗膜のはがれ
放っておくと雨水が侵入し、下地が腐食していきます。 塗料が古くなっているサイン。
「チョーキング現象」といわれます。
塗膜がはがれると建物内部の鉄筋が風雨の影響でサビてしまうなど、建物の寿命が短くなる原因。
塗料の色あせ、黒ずみ 壁のカビや汚れ サイディング表面の劣化
塗料の色あせ、黒ずみ 壁のカビや汚れ サイディング表面の劣化
  塗膜が劣化し水分を含みやすくなってくるとコケや藻が発生。 コーキングの亀裂は一旦水分が浸入してしまうと影響が出るのが早い。
窓枠の腐食や塗膜のはがれ 雨戸・戸袋の破損や塗膜のはがれ
窓枠の腐食や塗膜のはがれ 雨戸・戸袋の破損や塗膜のはがれ
腐食が進んでしまうと、塗替えではなく交換になってしまいます。 塗膜がはがれてしまうと、直に木に影響するため
劣化を急速に進めてしまいます。

<屋根>

苔や藻が発生している 塗料が色あせ、白くなっている 鉄部がサビている
苔や藻が発生している 塗料が色あせ、白くなっている 鉄部がサビている
苔や藻の発生を放っておくと、劣化が進み、雨漏れにつながってしまいます。

表面が防水処理能力を失っています。
内部の結露の原因になる場合もあります。
サビを放置すると強度が落ちたり、接続部がもろくなり、危険な状態になってしまいます。
樋の汚れ、塗膜のはがれ 軒天や破風板の汚れ、腐食
樋の汚れ、塗膜のはがれ 軒天や破風板の汚れ、腐食

住まいの診断 自己チェックシート

▲TOPへ